山口県美祢市・山口市・一級建築士の責任施工注文住宅 ㈱ACT (アクト)

今回は昨年、弊社で施工させていただいた美祢市にある料理屋さんでのリフォーム事例をご紹介します。
連続した3部屋の座敷を宴会の時などに1部屋にするためには、間仕切りとして使っている造り付けの折戸を外さないと、座っている人の後ろを通るときに干渉したり、建具のところに座ったお客様が背中側が狭くて窮屈そうなので、宴会のときに毎回建具を外す手間がなく空間を広く使えるようにしてほしいというご要望でした。それに加えて現状は3部屋のうち1部屋だけ堀座卓になっている座敷を全面掘り座卓にしてお客様の人数に合わせて3パターン(3部屋連続、2部屋+1部屋、個室)で使えるようにしてほしいという内容でした。
●Before●
間仕切りの折戸を開いている状況です。これを毎回外して付け直すのは一苦労です。1部屋だけ堀座卓になっています。

●完成イメージ●

●解体→床補強●
既存の床材及び根太を切って開口し、下側に角材を入れて補強した状況です。

●完成●
テーブルを弊社で合計4台製作しパターンに合わせてこちらの着脱可能なフタのような床をはめていきます。

堀座卓の中の床にはフローリングを貼って側面にはシナベニヤを貼りました。
3部屋連続して使うときはテーブルを4台つなげて使用します。

2部屋(テーブル2台)+1部屋(テーブル1台)のときには間仕切りの折戸を撤去して取り付けたレール付のロールスクリーンを下ろします。レールに沿って下りてくるので下ろした後もスクリーン自体がパタパタならないので隣のお客様も気になりません。

個室として使う場合はテーブルを各部屋1台設置しロールスクリーンを2箇所下ろします。

弊社では現場を事前に調査して3Dイメージなどを作成し細部にわたり設計を行いお客様にイメージを共有していただけるように心掛けています。
新築やリフォームをお考えで、ご興味のある方は是非お気軽にお問合せください(^_^)/
カテゴリー:Ryoji Saito